デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「中日・木下投手がワクチン接種による心筋炎で亡くなった」はデマ

デマの内容

デマッター

中日ドラゴンズの木下投手は、ワクチン接種が原因の心筋炎で亡くなった!ワクチンのせいだ!

と主張する人がいますが、デマです。

解説

経緯

中日ドラゴンズの木下投手(選手登録名「木下雄」、本名「木下雄介」)は、2021年7月6日に倒れ、8月3日に27歳の若さで亡くなりました。

倒れる8日前の6月28日に、新型コロナワクチンを接種していたことから、その死因は「ワクチンのせいで起きた心筋炎だ!」という噂がデマッターにより流されましたが、誤りです。

死因は心筋炎。ただし

厚労省が8月4日に公表した「副反応疑い報告状況」には、木下投手について「心筋炎所見は認められず」と記載されていました。しかしその後の追跡調査の結果、11月12日の報告では、死因は「心筋炎」と記載されました。

ただし、報告を読めば分かりますが、

  • ワクチンによって心筋炎が起きたといえる根拠はなく、ウイルスなど他の要因も疑われる
  • 死亡の直接の理由が心筋炎のみとは考えにくく、心筋炎によって木下投手の基礎疾患(僧帽弁閉鎖不全症や心室性期外収縮)が悪化したことも大きな要因と考えられる

ということです。

以下は厚労省が公表した報告からの抜粋です(P.4、No.20)。

具体的な剖検所見の情報は得られていないものの、剖検で心筋炎の確定診断がなされているため、心筋炎の診断自体は妥当と考えられる。

従って、7/6の心室細動、心停止の原因の一つとしては、心筋炎の発症が時間的関連からは疑われる。その一方で、心拍再開後の心エコーにて認められた高度の僧帽弁閉鎖不全症(MR)が、左房径の著明な拡大を伴っていたことから、MR自体はワクチン投与前より存在していた可能性も高く、また原疾患・合併症・既往歴の欄に心室性期外収縮(PVC)の記載もあるため、心筋炎の発症が既存のMRやPVCの病態を悪化させ、心室細動・心停止に至った可能性も考えられる。

実際、補助循環用ポンプカテーテル(Impella)離脱後の7/17の心エコーでは、左心系の高度な拡大は継続しているものの肉眼的なEFは45%程度と比較的保たれている(7/8よりは改善)ことから、8/3の多臓器不全・心停止は、心筋炎による低心機能(ポンプ失調)のみが原因とは積極的には疑いにくいとも考えられ、(併存病態の)高度MRによる心不全の悪化も多臓器不全に寄与しているとも考えうる

ワクチン接種後8日目の発症ということから、ワクチンが原因である可能性は排除できないと考えるが、一方で得られている情報からは、ワクチンが原因であることを示唆する根拠は時間的関連性のみとも考えられる(ウイルス性による発症も否定はできない)ため、ワクチン接種が心筋炎の原因だと強く疑うことは困難と考える。

※集計対象期間(~10/24)後に報告された内容に基づき評価を実施。

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(厚労省)2021(令和3)年11月12日 新型コロナワクチン(モデルナ筋注、武田薬品工業株式会社)接種後に死亡として報告された事例の一覧(令和3年5月22日から令和3年11月5日までの報告分)

仮にワクチンが原因の心筋炎だとしても

あくまでも仮の話ですが、木下投手が不幸にもワクチンが原因の心筋炎で亡くなったのだとしても、そのようなことが起きる確率は、非常に低いものとなっています。

以下は免疫学の第一人者と言われる宮坂氏の言葉です。

私は何度も海外のデータを引用して、ワクチン後に見られる心筋炎の頻度は実はきわめて低く、一方、新型コロナに罹患した時の心筋炎の頻度のほうがはるかに高いことを指摘しています。ところがワクチンを怖がる方々はこのデータを正面から見ようとはしてくれません

(ワクチン接種後に心筋炎が起きる)頻度は、人口100万人当たり5.8件(約17万2千人に1人)という非常に低いもの
JAMA(米国医師会雑誌)では、社説でこの論文のことを取り上げ、「ワクチン後の心筋炎は非常に稀で軽度である」と述べ、さらに、新型コロナ入院患者約28%に心筋炎の所見が見られることを指摘して、コロナ罹患による心筋炎のリスクのほうがワクチン接種のリスクよりはるかに高いことを強調しています。

ワクチンを恐れるよりは、コロナを恐れたほうがいいと私は思います。

宮坂昌之氏 Facebook 2021年10月5日

上述のように、ワクチン接種で心筋炎が起きる確率は非常に低く(0.00058%。自分が乗った飛行機が墜落する確率が0.00090%と言われています)、起きたとしてもほとんどが軽度であり、その心筋炎が理由で亡くなる確率はさらにさらに低いということになります。

こちらの記事も参考にしてみてください。

「ワクチンによる心筋炎で若い人がたくさん亡くなってる」はデマ|ほえのブログ

「ワクチンによる心筋炎で若い人がたくさん亡くなってる」はデマ

ワクチン接種で〇〇人死んだ!ワクチン危険!」はデマ|ほえのブログ

「ワクチン接種で〇〇人死んだ!ワクチン危険!」はデマ

 

(参考)ツイッターより

こちらの記事では接種前の検査で不整脈が見られていたとあります。

(参考)副反応疑い報告の木下投手に関する部分

以下は、厚労省が11月12日に公表した副反応疑い報告(PDF)のうち、木下投手に関する部分について、レイアウトを変えて見やすくしたものです。

評価記号
α:「ワクチンと死亡との因果関係が否定できないもの」
β:「ワクチンと死亡との因果関係が認められないもの」
γ:「情報不足等によりワクチンと死亡との因果関係が評価できないもの」

(記録用)以前の解説

以下は、この記事を2021年11月13日に修正する前の古い解説です。記録として残しておきます。

修正前の解説

中日ドラゴンズの木下投手(選手登録名「木下雄」、本名「木下雄介」)は、2021年7月6日に倒れ、8月3日に亡くなりました。

倒れる8日前の6月28日に、新型コロナワクチンを接種していたことから、その死因は「ワクチンのせいで起きた心筋炎だ!」という噂がデマッターにより流されましたが、誤りです。

その後、厚労省が公表した報告によると、木下氏の心筋生検で心筋炎所見は見られず、かわりに僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)が確認されています。


新型コロナワクチン 副反応疑い報告状況(令和3年6月 28 日から令和3年7月 25 日報告分まで)2021(令和3)年8月4日

ツイッターの反応

ワクチン接種8日後に亡くなった中日投手と思われる報告 反ワクチンたち、あんだけワクチン接種による心筋炎と結果を待たず決めつけてたけど、心筋生検では心筋炎所見なし。 入院後に僧帽弁閉鎖不全症が確認されたようです。 この症例が反ワク活動に使われてるの許せない。
マイク氏

中日木下投手について接種から一週間以上経ってるから心筋炎にしてはおかしいなと思っていたけど心筋炎所見は認められずなのか。コロナワクチンで僧帽弁閉鎖不全症を発症させるというのはあり得なさそうなので因果関係はなさそう。
馬場沢口氏
こちらの記事では接種前の検査で不整脈が見られていたとあります。
検索キーワード:プロ野球
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
SHARE