デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「ワクチン接種で〇〇人死んだ!ワクチン危険!」はデマ

目次

デマの内容

次のような画像や厚労省の「副反応疑い報告」のデータを出して

デマッター

新型コロナワクチンを打ったせいで、すでに〇〇人も亡くなってる!

こんな危険なワクチンを打つな!

と主張する人がいますが、デマです。

 

解説

ワクチン接種「後」の死亡確率は、飛行機が墜落する確率より低い

まず前提として、デマッターが出していた以下の画像の死亡者数は、ワクチン接種「後」の死亡者数であって、ワクチン接種が「原因」の死亡者数ではないことに注意する必要があります。

その話は後述することにして、あくまでも仮にですが、この死者数がすべてワクチンが原因の人数だと仮定して、その死亡確率を求めてみると、

0.00074%

となります(後述のソース5参照)。

仮に「すべてワクチンのせいだ!」というデマッターの無茶苦茶な言い分を受け入れたとしても、その死亡確率は、

オートバイ免許取得者や自動車免許取得者が事故で亡くなる確率よりも低く
さらに、自分が乗った飛行機が墜落する確率よりも低い確率

というわけです。

下画像は(上画像が見ずらい場合のために)上画像の一部を切り取ったもの。

新型コロナワクチン接種「後」の死亡者数を根拠として「ワクチンは危険だ!接種をやめろ!」と主張している方々は、「オートバイを無くせ!」「自動車免許を取るな!」「飛行機に乗るな!」と主張すべきではないでしょうか?

厚労省の「ワクチン接種後の死者」は有害事象報告(速報)

厚労省の「新型コロナワクチンの副反応疑い報告」に記載されているワクチン接種「後」の死亡報告は、ワクチンが「原因」の死亡報告ではありません。

「ワクチンを接種した後に亡くなった」ということは、「ワクチンが原因で亡くなった」ということではありません。接種後の死亡事例は報告されていますが、現時点で、新型コロナワクチンの接種が原因で多くの方が亡くなったということはありません。
新型コロナワクチンの接種が原因で多くの方が亡くなっているというのは本当ですか(厚労省)

この報告は、いわゆる有害事象報告(速報)と言えるものであり、ワクチンとの因果関係が不明な報告が多数含まれています。

とくに接種「後」の死亡報告については、新型コロナワクチンが「原因」で亡くなったと証明されたケースは(2021年11月6日現在)一つもありません。いまのところ

ゼロ

です。

関係ないものを無理に結び付けてはダメ

ワクチンと死亡の因果関係が認められていないのに(根拠がないのに)、死亡の原因をなにがなんでもワクチンのせいにしようとする人達がいます。

「大勢の人がワクチンを打ったのだからワクチンのせいで死んだ人がいるはずだ!」というように。それはただの思い込みというものです。

因果関係を無視して語るなら「日本では水を飲んだ人が毎日3千人以上も亡くなってる!水は危険だから飲むな!」ということになってしまいます(上図参照)。

「医師がワクチンとの関連性が高いと認めてる」は誤解

厚労省に掲載されている医師向けの「副反応疑い報告の基準」のところに、「医師が予防接種との関連性が高いと認める症状」と書いてあることを理由に、

デマッター

ワクチン接種後の死亡報告は、医師が「ワクチンと関係がある」と認めたものだ!

と主張する人がいますが、デマです。

医師向けの「副反応疑い報告の基準」

医師等の皆さまへ~新型コロナワクチンの副反応疑い報告のお願い~ > 副反応疑い報告の方法 > 報告の基準(厚労省)

それは「医師向け」の案内

同じページの最初に次のように記載されているように、上記の案内は医師向け」のものであることに注意しましょう。どういうことかというと、

薬品(ワクチンを含む)投与後の、薬品と有害事象(ケガ・体調不調・死亡)との関連性の考え方は、一般の人と医師では異なるということです。

たとえばですが、薬品投与後の有害事象について、医師は次のように考えます。

  • 溺死は薬による不整脈が原因になった可能性も排除できない
  • 自殺は薬によって鬱状態になったのが原因の可能性もゼロではない
  • 交通事故死の状況から考えて、薬の影響で倒れた後で車に轢かれた可能性もある
  • に打たれて亡くなった状況を考えると、薬のせいで精神錯乱状態になり屋外に飛び出たせいかもしれない

医師は、一見無関係に見えるような有害事象であっても、薬による有害な影響をわずかでも見逃さないようにするために、それを報告するのです。

一見無関係な有害事象を報告する理由

まず、ワクチンの使用後に起きた有害事象のうち、どれぐらいがワクチンと無関係で、どれぐらいがワクチンのせいなのか、どうやったら区別できるだろうか。それは、ワクチンを打った群と、打ってない対照群を比較すればいい。ワクチンのせいでふらついて交通事故に遭う確率が高くなっていれば、対照群と比較して、ワクチン群で交通事故の報告数が多くなるはずである(加えて、ふらつきや転倒といった関連する有害事象もワクチン群で多くなる)。
NATROMのブログ

薬の投与を受けた人が,自転車で転ぼうが,交通事故も自殺もすべて有害事象でありこういう事は我々は十分学んだはずです.先日もテレビで報道されていたように,telithromycin(Ketek )という薬を飲んだ人が何人か交通事故を起こしたというようにね.通常,それらは「薬の副作用は関係ないでしょう」と処理される.忘れもしないインターフェロンは,市販当初自殺が起きて,関係ないと誰もが思ったが,どうもおかしいと.こんなに人が自殺するはずは無かったんだと.だから自殺がやっぱり副作用,重大な副作用である事がわかりました.ですからこういうものについても因果関係を容易に判断することは,現在の科学ではやってはならない事だというふうに強調したいと思います.因果関係をかってに判断するから薬害が絶えないという事です.
レギュラトリーサイエンス-薬剤疫学の課題と実践 福島雅典 京都大学薬剤疫学

こちらが「一般向け」の案内

厚労省の一般向けに掲載されている「副反応疑いの報告」の解説を見てみましょう(下図の赤線はブログ主によるもの)。


ワクチン接種後に生じる様々な事象について(PDF)

一般向けの案内には、「ワクチン接種者に生じたあらゆる好ましくない有害事象(Adverse Event)」が報告されると記載されています(因果関係が認められないものも含めて)。例として「自転車事故」「料理中のケガ」も記載されてますね。

実際に、今回の新型コロナワクチンの副反応疑い報告にも、ワクチン接種とは一見関係なさそうな「溺死」「自殺」「老衰」「脱水」「誤飲性肺炎」「窒息」などによる死亡報告が掲載されているので確認してみてください

「インフルエンザワクチンの報告率より多いから危険」とは言えない

下図のようなグラフを出して、

デマッター

新型コロナワクチンの副反応報告率がインフルエンザワクチンよりも多いから危険に違いない!

と主張する人がいますが、そうとは限りません。

「副反応報告」ではなく「副反応疑い報告」

えっと、まず、上図の円グラフの中の「副反応報告状況」というのは間違いです。正しくは「副反応疑い報告状況」ですね。

デマッターはこういうごまかし・印象操作をよくやるので、だまされないように気を付けましょう。

59年の歴史を持つワクチン vs 新しいタイプのワクチン

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンではその歴史の長さが違います

日本で小中高生を対象にしたインフルエンザワクチンの集団接種が始まったのが1962年です。そこから数えるとこの記事の執筆時点ですでに59年の歴史があります。59年も使い続けているワクチンですから、医者のほうも慣れている人が多いので、「この有害事象は関係ない」という判断がつきやすく、それゆえに報告数は必要最低限に近くなります。

これに対して、mRNA新型コロナワクチンは世界中でめちゃくちゃ注目されている新しいタイプのワクチンですから、医者のほうでも「この有害事象も念のため報告しておこう」ということになるわけです。

だからインフルエンザワクチンと比較して、新型コロナワクチンの報告数が多くなるのは、不思議なことではないのです。

新型インフルエンザワクチンとの比較

ちなみに、新型インフルエンザワクチンのときも、接種「後」の死亡報告数が多くなりました。

新型インフルエンザワクチン)については、昨年10月から今年6月までを集計。国産ワクチンについては約2283万回接種して、2428件の副反応があった。うち、重篤例は416件で、死亡は133件。

【新型インフルワクチンの副反応】死亡例133件も、接種との関連認められず

2,283万回の接種で133件の死亡報告ですから、このときの新型インフルワクチン接種「後」の死亡率は0.00058%になります。

新型コロナワクチン接種「後」の死亡率0.00074%にまぁまぁ近い数字になっていますね(前述の表を参照)。

厚労省「因果関係不明な症状も積極的に報告せよ」

また、新型コロナワクチンについては、因果関係不明な症状についても積極的に報告するように、厚労省から指示が出ています。

新型コロナワクチンについては、我が国において使用実績がないワクチンであることを踏まえ、これまでワクチン接種との因果関係が示されていない症状も含め、幅広く評価を行っていく必要があることから、当面の間、以下の症状については当該規定による副反応疑い報告を積極的に行うよう検討するとともに、これら以外の症状についても必要に応じて報告を検討すること。
各都道府県知事 殿 定期の予防接種等による副反応疑いの報告等の取扱いについて(厚労省)

こちらにも詳しく解説されています。

参考記事

1,100万人を対象とした調査で、ワクチン接種者の死亡リスクの増加が無いことを確認(2021/10/22)

COVID-19 Vaccination and Non–COVID-19 Mortality Risk @CDC

「ワクチンを打ったあとに亡くなった」=「ワクチンが原因で亡くなった」ということではない(日本放送NewsOnline)(2021/10/21)

日本では副反応の届出制度というものがあります。副反応だけではなく、そのあとに生じた有害事象をすべて報告しなければならないというものです。
関係ないであろうけれども、何か起こったことに関しては報告する」という方向に、現在はなっています。
因果関係があるかないかは、その後のいろいろな情報をもとに調査委員会の方で判断することになると思います。
「ワクチンを打ったあとに亡くなった」=「ワクチンが原因で亡くなった」ということではない

「ワクチンで死んでいる」は誤り。ワクチン接種後の死亡事例、因果関係をどう考える? 専門家に聞きました(BuzzFeed)(2021/10/20)

「繰り返しますが、ワクチン接種と死亡事例に因果関係があると主張する場合には、ワクチンを接種していない人々のデータと比較しなければなりません。ある個別の具体的なエピソードをもとに因果関係を語ることは絶対にできません」

厚労省はこの「副反応疑い」の報告制度について、「ワクチンと関係があるか、偶発的なもの・他の原因によるものかが分からない事例も数多く報告されます。透明性の向上等のため、こうした事例も含め、報告のあった事例を公表しています」と説明している。

「(中略)対照群に比べ確実に数が多いとなれば、その薬は危険であるということになります。数を数えることでしか因果関係は測れない。人の体に害を及ぼすと言うのであれば、それは必ず数字に現れます(中略)こうした数の比較をせずに、因果関係について語ることはできません。(中略)比較に基づかない因果関係論は全て誤りです」

https://www.buzzfeed.com/jp/yutochiba/vaccine-death-epidemiology?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter

有害事象報告システムのデータを出して “ワクチンは危険だ” と主張するのは不適切|ほえのブログ

有害事象報告システムのデータを出して “ワクチンは危険だ” と主張するのは不適切

(参考)確率のデータソース

前述の確率の表で使用したデータソースです。

ソース1

デマッターとして有名な「目覚めてる庶民氏」が出していたデータを参考にさせていただきました。

画像の下部に「出典:宝島社「アレの統計・確率」」と書いてありますね。

https://twitter.com/Awakend_Citizen/status/1455852121308348423

ソース2


日本の1日(厚労省)

ソース3

明日死ぬ確率(年齢別)

ソース4

死ぬ確率は?

ソース5

10月15日までのデータ

Webページはこちらです。

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について>報告された事例と評価について

上記ページからリンクされている「死亡例の報告について>ファイザーワクチン」のPDF資料です。


第 71 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副 反応検討部会、令和3年度第 20 回薬事・食品衛生審議 会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会 2021(令和3)年 10 月 22 日 資料1-3-1 新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要(コミナティ筋注、ファイザー株式会社) 

こちらは「死亡例の報告について>モデルナワクチン」のPDF資料です。


第 71 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副 反応検討部会、令和3年度第 20 回薬事・食品衛生審議 会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会 2021(令和3)年 10 月 22 日 資料1-3-2 新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要(モデルナ筋注、武田薬品工業株式会社)

上記のファイザーワクチン接種「後」死亡報告数とモデルナワクチン接種「後」死亡報告数を合計すると、デマッターが拡散している下図の「1312人」になります。(2021年10月15日分までの報告数

そして、日本における2021年10月15日まで(15日までのデータが表示されないので14日まで)のワクチン接種数は178,260,000回です。

計算すると 1,312 / 178,260,000 * 100 = 0.00074% となります。

11月5日までのデータ

ちなみに11月5日までのデータでも計算してみたところ、 1,359 / 191,040,000 * 100 = 0.00071% でした。10月15日までで計算した 0.00074% より少しだけ低くなりました。


https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000853794.pdf


https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000853796.pdf


https://ourworldindata.org/explorers/coronavirus-data-explorer?time=2021-11-04&facet=none&Metric=Vaccine+doses&Interval=Cumulative&Relative+to+Population=false&Align+outbreaks=false&country=~JPN

ソース6

新型(※新型インフルエンザワクチン)については、昨年10月から今年6月までを集計。国産ワクチンについては約2283万回接種して、2428件の副反応があった。うち、重篤例は416件で、死亡は133件

【新型インフルワクチンの副反応】死亡例133件も、接種との関連認められず@yakuji_nippo(2010年11月01日)

ソース7

 2020年の傾向が続けば、65歳以上の高齢者は交通事故より、新型コロナウイルス感染症で亡くなる確率が少し高い――。厚生労働省が30日に公表した「簡易生命表」でそんな推計結果が明らかになった。
その結果によると、新型コロナが死因になる確率は、男性は65歳、75歳とも0・29%。90歳は0・22%だった。女性は65歳で0・20%、75歳で0・21%、90歳で0・18%だった。

「将来亡くなる確率」は交通事故よりコロナ 厚労省推計:朝日新聞デジタル(2021/7/30)

ソース8

死亡事故を起こす、あるいは死亡する確率は約 0.43%(注1)となります。約200人に1人が死亡事故を起こすか、死亡することになります。

通勤と交通事故

ソース9

交通事故で負傷する確率は24%、死亡する確率は0.20%

大雨で罹災する確率は0.5%、では交通事故で死亡する確率は?

ソース10

バイクは致死率が高い!交通事故に合わないための注意点!

メモ

ブログ主のメモです。

 

 

 

検索キーワード:厚労省発表の死亡者は有害事象報告の死者。ワクチン接種後にたとえば雷に打たれて亡くなった人も、交通事故で亡くなった人も、報告されます。ワクチンと無関係に亡くなる人の数 現在ワクチンが原因とされる死亡者はゼロ 一方、新型コロナの死者は 零

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments