デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「オーストラリアではワクチン接種者がHIV陽性になった」はデマ

HIVとHIVウイルス

HIVとはHuman Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)の略なので、「HIVウイルス」と言うと「HIウイルスウイルス」になってしまうのですが、「HIV virus」「HIVウイルス」という呼び方がある程度浸透していることもあり、分かりやすさを優先して、この記事では「HIVウイルス」という用語も使用しています。

デマの内容

次のような動画を出して

デマッター

オーストラリアでは新型コロナワクチンを接種した人がHIV陽性になった!

ワクチンにHIVウイルスが入ってる! ワクチンを打つとエイズ(AIDS)になる!

ワクチン危険! ワクチンやめろ!

と主張する人がいますが、デマです。

ピーター・マッカロー博士より コロナワクチン 接種者の試験で 全員の接種者にHIVの 陽性反応が見られました


https://twitter.com/kumi11114/status/1472863080740966400


ピーター・マッカロー(Peter McCullough)

「今回のワクチンは今までと違います。ナノテク仕様の遺伝子改変ワクチンです。エイズの発症、思考力や生殖機能への悪影響、長期的影響は未知です。」


動画の女性はキャリー・マジェ (Carrie Madej, DO)
https://twitter.com/ASfvDnzPyvDKMLv/status/1409161471443959811

解説

結論

デマです。事実は次の通りです。

  • 該当の新型コロナワクチンはオーストラリアで開発が中断されたものであり、一般で使用されたことはない
  • 該当のワクチンの試験中に、ワクチンを接種した被験者の(全員ではなく)一部がHIV検査で陽性になったが、HIVに感染したわけではない
  • 該当のワクチンでは、ワクチンを安定化させる目的で「HIVの断片(タンパク質)」が使われたが、これはHIVウイルスそのものではなく、HIV感染を起こすことはない

詳細

以下はPolitiFactのファクトチェック記事からの抜粋です(ここで言及されている動画は上記のものとは異なりますが、デマの内容は同じものです)。

  • An attempted COVID-19 vaccine that contained a fragment of an HIV protein was dropped because it led to some false-positive HIV test results.
    HIVタンパク質の断片を含む新型コロナワクチンの開発は、HIV検査で陽性を示すことがあったため、中止された
  • Researchers said there was no possibility the vaccine caused HIV infection and routine follow-up tests on trial participants confirmed no HIV virus present.
    研究者は、このワクチンがHIV感染を引き起こす可能性はなく、試験参加者の定期的なフォローアップ検査でもHIVウイルスが存在しないことが確認されたと述べている。

A TikTok video suggests that a COVID-19 vaccine candidate in Australia risked infecting people with HIV, the virus that causes AIDS.
オーストラリアの新型コロナワクチンの候補が(エイズを発症させる)HIVウイルス感染を引き起こすかのように思わせるTikTok動画が拡散されています。

In the video, a narrator talks about a vaccine that contained a protein that is a “tiny fragment of HIV,” and a person interviewed says “there is absolutely no risk from this type of vaccine,” and “there is nothing that makes HIV replicate.” Then, a voice over that remark says, “F—ing rubbish,” suggesting that the protein does pose a risk.
動画では、ナレーターが「HIVの小さな断片」であるタンパク質を含むワクチンについて語り、インタビューを受けた人物(Keith Chappell)が「この種のワクチンによるリスクは全くない」「HIVを複製するものではない」と言っています。しかしその発言にかぶせて「クソゴミ」という音声が流れ、このタンパク質が危険なものであるかのような印象を与えています。

The discussion in the video refers to a COVID-19 vaccine candidate that was being developed in Australia last year containing a fragment of an HIV protein. The vaccine was not used after an initial phase of a clinical trial; development was ultimately dropped because during the trial it led to some false-positive tests for HIV.
動画の中で語られているのは、昨年(2020年)オーストラリアで開発途中だった新型コロナワクチンの候補です。このワクチンにはHIVタンパク質の断片が含まれていました。しかし、このワクチンは臨床試験の初期段階でしか使用されず、試験中にHIVの陽性を起こしたため、最終的には開発が中止されました

Keith Chappell, a professor and molecular virologist at the University of Queensland in Australia, confirmed to PolitiFact that he is the person interviewed in the clip. He was the co-leader of a program with the Australian biotech company CSL that worked on this vaccine candidate. 
オーストラリアのクイーンズランド大学教授で分子ウイルス学者のキース・チャペル(Keith Chappell)氏は、PolitiFactの取材に対し、この映像でインタビューを受けているのが彼であることを認めました。彼は、オーストラリアのバイオテクノロジー企業CSL社と共同でこのワクチン候補を研究するプログラムの共同リーダーでした。


キース・チャペル(Keith Chappell)

In December, the university and CSL announced they were ending the vaccine’s development because a protein used to stabilize the vaccine generated antibodies in test subjects that interfered with some HIV tests.
(2020年)12月、同大学とCSL社は、ワクチンを安定化させるために使用した(HIVの断片である)タンパク質が被験者に抗体を生じさせ一部のHIV検査に支障をきたすことが判明したため、同ワクチンの開発を断念すると発表しました。

However, “there is no possibility the vaccine causes” HIV infection “and routine follow-up tests confirmed there is no HIV virus present,” the announcement said.
そして、「ワクチンがHIV感染を引き起こす可能性はない」「定期的なフォローアップ検査で(被験者の体内に)HIVウイルスが存在しないことを確認している」とも述べました。

Science, the magazine of the American Association for the Advancement of Science, explained that some of the people who received the vaccine in the trial “generated antibodies to an unintended target, the AIDS virus. Although the added component didn’t represent an actual infection with HIV,” Science reported, “the vaccine developers and the Australian government concluded a widespread rollout of the candidate would interfere with HIV diagnostic tests and decided not to proceed to larger clinical trials that would have measured its protection against COVID-19.”
米国科学振興協会誌「Science」は次のように報じています:
「この試験でワクチンを接種した人の一部が、ワクチンのターゲットではないエイズウイルスに対する抗体を生成しました。追加された成分(HIVの断片)は実際のHIV感染を起こしませんが、ワクチン開発者とオーストラリア政府は、このワクチンを広範囲に展開するとHIV診断検査に支障をきたすと判断し、(新型コロナに対する防御力を測定するための)大規模臨床試験に進むことを断念しました。」

PolitiFact – Fact-checking TikTok video on nixed COVID-19 vaccine candidate in Australia

デマのバリエーション

このデマには以下のようなバリエーションがあります。

  • 「オーストラリアで」という言葉が省かれたデマ
  • 「試験中の」という言葉が省かれたデマ
  • 「疑陽性」の「偽」が省かれたデマ
  • 「(開発が)中断した」という言葉が省かれたデマ
  • 「HIVの断片」が「HIVウイルス」に置きかえられたデマ
  • 「全員が(陽性になった)」という言葉が付け足されたデマ

ピーター・マッカローは常連のデマ屋

デマッターが出した動画の男性はアメリカの心臓専門医、ピーター・マッカロー(Peter McCullough)ですが、常連のデマ屋でもあります。

以下はピーター・マッカローについてWikipediaからの抜粋です。

American cardiologist
アメリカの心臓専門医

During the COVID-19 pandemic, McCullough promoted misinformation and falsehoods about COVID-19, the COVID-19 vaccine, and COVID-19 treatments.
新型コロナのパンデミックにおいて、マッカローは新型コロナ、新型コロナワクチン、新型コロナの治療法に関するデマを拡散させました。

Wikipedia – Peter A. McCullough

「”Peter McCullough” Fact Check」で検索

キャリー・マジェは常連のデマ屋

デマッターが出した動画の女性はアメリカの内科専門医(オステオパシー)、キャリー・マジェ(Carrie Madej, DO)ですが、常連のデマ屋でもあります。

参考記事:「ワクチンがHIVやエイズを発症させる」「8番染色体が」と言うおばさんに注意|ほえのブログ

「”Carrie Madej” Fact Check」で検索

ジェムチュゴフ医師が「私はこんなものは打たない」と言った?!

オーストラリアで開発が中断されたこのワクチンに関連して、次のように述べているデマッターがいました。

ロシアの医学博士で免疫学分野のジェムチュゴフ医師は「私はこんなもの打たない」と言ってます
https://twitter.com/Tamama0306/status/1472577678964568065

ヴラジスラフ・ジェムチュゴフ(Vladislav Zhemchugov、Владислав Жемчугов)氏のこの言葉は、ワクチンが有害だということを意味していません。これは、以下の通信社スプートニクの記事に掲載されているジェムチュゴフ氏の発言を読めば分かるように、ワクチンの接種によってHIV検査で陽性が出る可能性を懸念した発言です。


ヴラジスラフ・ジェムチュゴフ(Vladislav Zhemchugov、Владислав Жемчугов)

「この新型コロナウイルスにはHIV(エイズウイルス)の断片に類似した断片が含まれていることがすでにわかっている。これらは一切危険をもたらさない。

「彼らのワクチンがHIVを引き起こさないことは明らかだ。しかし(疑陽性を起こす)交差反応、これは仕事を妨げる。このワクチンに対する信頼を失墜させてしまう。HIVに対する(偽)陽性反応もある場合、このワクチンに対する免疫反応をどのように確認することができるだろうか。(開発の中断を決めた)オーストラリア政府は正しい。私もこのようなワクチンは接種しないだろう」と語った。

豪コロナワクチン接種後、HIV検査で偽陽性についてロシアの医師が説明

まぁ…この記事を書いたニュースサイトのスプートニク自体、信頼性が低いんですけどね(笑)。

ニュースサイトの信頼性を評価できるツールNewsGuardの評価

参考にさせていただいたツイート

デマホイとデマっカロー マッカローはCOVID-19、ワクチン、およびCOVID-19の治療法についての誤報と嘘を促進しました
Wikipedia – Peter A. McCullough
vino-🏳️通報&お気軽👻氏

Fact check: COVID-19 vaccines aren’t linked to cancer, HIV
vino-🏳️通報&お気軽👻氏

切り取りで誤解を招きますよ。ジェムチュゴフ氏は「これらは一切危険をもたらさない。彼らのワクチンがHIVを引き起こさないことは明らかだ。」と語っている。 このワクチン開発がすでにオーストラリア政府の判断で中止されているということは治験が正しく行われた結果。
豪コロナワクチン接種後、HIV検査で偽陽性についてロシアの医師が説明
みそラ@Ver.4🎄氏

オーストラリアで開発されていたワクチンにHIVのタンパクの一部が含まれていること・偽陽性で打ち切りになったのは本当です。でも、ウイルスそのものが入っているわけではないので感染はしません。含まれている理由はワクチンをより効果的にするためで安全上の問題はありません。
ももろず🇦🇺COVID-19💉💉💉🇦🇺留学・旅行・生活サポート氏

ただ、これが市場に出回った時に混乱を招きかねないこと(治験なら偽陽性と断定できるが公衆では本当に感染している人と区別がつかなくなるおそれがある)・すでに他社(ファイザー等)の優れたワクチンが利用可能なため開発は中止になりました。

治験が正しく行われた結果で、オーストラリア政府の正しい判断でしたね。
みそラ@Ver.4🎄氏

その他の参考記事

There is no HIV in the Covid-19 vaccines (FullFact)

https://fullfact.org/health/there-no-hiv-covid-19-vaccines/

Fact check: COVID-19 vaccines aren’t linked to cancer, HIV (UsaToday)

https://www.usatoday.com/story/news/factcheck/2021/11/04/fact-check-covid-19-vaccines-dont-cause-cancer-hiv/6255129001/

PolitiFact – No, the COVID-19 vaccines do not cause AIDS

https://www.politifact.com/factchecks/2021/dec/15/facebook-posts/no-covid-19-vaccines-do-not-cause-aids/

Fact check: An Australian vaccine trial did not give trial participants HIV (REUTERS)

https://reut.rs/3nvWsVI

 

 

 

検索キーワード:ピーター・マッカロー ピーター・マッカーロ ピーター・マッカーロー  Peter A McCullough  Peter McCullough ブラジスラフ・ジェムチュゴフ ウラジスラフ・ジェムチュゴフ キャリー・マデイ キャリー・マディ キャリー・マディー