デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「カナダではワクチンのせいで死産が28倍に増加」はデマ

デマの内容

次のような記事を出して

デマッター

カナダではワクチンを打ったせいで死産が28倍になった!

ライオンズゲート病院では24時間の間に13の死産があった!

ワクチン危険! ワクチンやめろ!

と主張する人がいますが、デマです。

世界各地で死産や新生児突然死の急増が報告されていますが、カナダでは死産が28倍。 日本では妊婦さんにお注射を積極的に勧める医師が多い。このような報告は読んでいるはずなのに、さらに勧めるのはなぜ?


https://twitter.com/keijimoriiVet/status/1470198188221296640

解説

デマです。

デマサイトとデマ屋からの引用

上記のデマッターは、記事そのもの(URL)を引用せず、ソースも示さず、2つの記事の切り抜き画像のみを掲載していました。

ブログ主が該当する記事を探してみたところ、2つの記事のうち1つは「繰り返しデマを流しているサイト」と認定されているサイトの記事、もう1つは「繰り返しデマを流している人物が書いた記事」でした。

デマサイトと認定されている Natural News の記事

繰り返しデマを発信している Steve Kirsch

https://www.politifact.com/personalities/steve-kirsch/

これだけでも耳を傾ける価値がない話だということが分かります。

Global News のファクト・チェック

以下は Global News のファクトチェック記事です。

A conspiracy theory circulating online claims stillbirths are rising in Canada after women receive the COVID-19 vaccine. But the facts tell a very different story.
カナダで、女性が新型コロナワクチンを接種した結果、死産が増加しているという陰謀論がネット上で拡散しています。しかし、事実は全く異なります。

The baseless claims of a rise in fetal deaths across the country began circulating in recent weeks, bolstered by unverified statistics shared on social media and in videos by former medical professionals, whose qualifications have been stripped for touting misinformation.
ここ数週間の間に、胎児死亡が増加しているという根拠のないデマがカナダ中に広がっています。誤った医療によって資格を剥奪された元医療専門家が、検証されていない統計情報をSNSや動画で拡散したからです。

But Global News has gathered data from the hospitals in question and has found that the recorded number of stillbirths is a minuscule fraction of what anti-vaccine protestors claim.
しかし、Global Newsがデマの根拠とされている病院からデータを入手したところ、そこに記録されている死産数は、反ワクチンデモの参加者が主張する数のごく一部でしかないことがわかりました。

Health officials have repeatedly said all vaccines approved for use in Canada are safe for those thinking of getting pregnant, pregnant or breastfeeding.
保健当局は、カナダで使用が承認されているすべてのワクチンは、妊娠を考えている人、妊娠中、授乳中の人にとっても安全であると繰り返し述べています。

A study published last week in the New England Journal of Medicine found no evidence of an increased risk for early pregnancy loss after COVID-19 vaccination, adding to the findings from other research supporting COVID-19 vaccination during pregnancy.
先週、New England Journal of Medicine誌に発表された研究では、新型コロナワクチン接種後に早期妊娠喪失のリスクが高まるという証拠がないばかりか、妊娠中の新型コロナワクチン接種を支持する他の研究による知見も追加されています。

The genesis of the stillbirths conspiracy theory appears to be a video from a rally outside the North Vancouver RCMP office in British Columbia on Nov. 11, spearheaded by retired family physician Mel Bruchet along with Daniel Nagase, a former fill-in doctor who was relieved of his duties after administering patients with an unapproved COVID-19 vaccine. In the video, Bruchet calls the pandemic a “hoax.”
死産陰謀説の発端は、11月11日にブリティッシュコロンビア州のノースバンクーバーRCMP(Royal Canadian Mounted Police、カナダ連邦警察)事務所の前で行われた集会の動画のようです。この集会では、引退した家庭医メル・ブルシェットが、未承認の新型コロナワクチンを患者に投与して職務から外された元補助医ダニエル・ナガセとともに、陣頭指揮をとりました。動画の中でブルシェットは、パンデミックを「デマ」と呼んでいます。

The video shows protesters spreading disinformation about COVID-19. In one clip, Bruchet describes talking with an unnamed individual, who spoke to a number of unnamed doulas, who told him there had been 13 stillbirths in an unspecified 24-hour period at Lions Gate Hospital in North Vancouver.
動画には新型コロナに関する偽情報を広めるデモ参加者が映っています。ある場面では、ブルシェットが誰かと話し、その人物が産婆と話し「ノースバンクーバーのライオンズゲート病で24時間の間に13の死産があったと語った」と説明しています。


この場面は動画の15分25秒目あたりから

This is incorrect.
それは誤りです。

Only 4 stillbirths in Vancouver in 5 months
バンクーバーでの死産は5カ月でわずか4件

Data from Vancouver Coastal Health (VCH) shows that from April to late August 2021, there were just four stillbirths across VCH’s seven hospitals, compared to 1,326 live births. Data specifically from Lions Gate Hospital could not be disclosed due to privacy reasons.
(ライオンズゲート病院を管轄する)Vancouver Coastal Health(VCH)のデータによると、2021年4月から8月下旬まで、VCHの(ライオンズゲート病院を含む)7つの病院全体で、1,326人の生児に対し、死産はわずか4件でした。ライオンズゲート病院からの具体的なデータは、プライバシー上の理由から開示されませんでした。

In the previous year, there were 3,299 births and 11 stillbirths.
前年度は出生数3,299人、死産数11人でした。

Nonetheless, the unfounded theory that stillbirths are rising across Canada snowballed.
それにもかかわらず、「カナダ全土で死産が増加している」という根拠のないデマが雪だるま式に広がりました。

Unverified articles on WordPress sites then began popping up with headlines that stated the rate of stillbirths was “exploding” across Canada, with the links being disseminated through anti-vaccine groups on Telegram.
その後、WordPressのサイトに、カナダ全土で死産率が「爆発的に上昇」しているという見出しの未確認記事が出回り、Telegramの反ワクチン団体を通じてリンクが拡散されました。

Nagase later appears in a widely shared video from an anti-vaccine rally on Nov. 20 in Calgary, where he repeated and elaborated on the theory, but added that he had also been told there were 86 stillbirths in the first half of this year in a “women and children’s hospital” in the Waterloo region of Ontario. In the video, Nagase stutters and changes his statement at least once.
ナガセはその後、11月20日にカルガリーで開かれた反ワクチン集会の動画(ここここ)に登場し、その動画が拡散されました。動画の中でナガセは同じ説を繰り返し主張しただけでなく、「オンタリオ州のウォータールー地域にある “女性と子供の病院” でも今年上半期に86件の死産があったと聞いている」と付け加えました。動画の中でナガセは少なくとも一度はどもって発言を変えています。

“In Waterloo, Ontario, I have a more reliable statistic that there was 86 stillbirths between January and July and normally it’s only one, it’s only five or six stillbirths every year,” he said.
彼は次のように言いました:「オンタリオ州のウォータールーでは、1月から7月の間に86件の死産があったという、より信頼できる統計があります。通常、死産は1件だけ、いや、毎年5、6件しかありません」

This is also incorrect.
これも誤りです。

Only 15 stillbirths in Waterloo, not 86
ウォータールーでの死産は86人ではなく、わずか15人

Data from the Better Outcomes Registry & Network (BORN), Ontario’s perinatal, newborn and child registry, shows there were between 12 and 15 stillbirths in the Waterloo region between January and June 2021.
オンタリオ州のBORN(Better Outcomes Registry & Network、周産期・新生児・児童登録機関)のデータによると、2021年1月から6月の間にウォータールー地方で12~15件の死産があったことが判明しました。

The reason for the differing numbers is that the Waterloo region’s hospitals fall under slightly different boundaries, and are either counted under a local health integrated network or a public health unit.
数字に幅がある理由は、ウォータールー地域の病院が微妙な場所に位置するため、地域医療統合ネットワークとしてカウントされたり公衆衛生ユニットとしてカウントされたりするからです。

In total, across the entire province of Ontario in the first six months of this year, there were 300 stillbirths and 67,199 live births. This means that women had a 0.44 per cent chance of experiencing a stillbirth so far in 2021. This is actually lower than in previous years, where it was 0.47 per cent.
今年の上半期は、オンタリオ州全体で死産は300件、生児は67,199件でした。これは、2021年に妊婦が死産を経験した確率が今のところ0.44%ということです。これは例年の0.47パーセントよりも低い数値です。

In Canada, according to Statistics Canada data, there are around 3,000 stillbirths per year.
カナダ統計局のデータによると、カナダでは年間約3,000件の死産が発生しています。

However, conspiracy theorists have doubled down on their assertion that this year’s stillbirths are due to the COVID-19 vaccine.
しかし、陰謀論者たちは、今年の死産の数を誇張して新型コロナワクチンのせいにしようとしています。

Nagase adds in the video from the Calgary rally, “But the most important confirmation that we have from the Waterloo, Ontario, report is that all of the 86 stillbirths were fully vaccinated.”
ナガセはカルガリーでの集会のビデオで、「しかし、オンタリオ州ウォータールーの報告書から得られた最も重要なことは、86の死産のケースにおいて、その母親の全員が完全なワクチン接種を受けていたということだ」と付け加えています。

But experts say such a report does not exist, because there is no easy way to know this information. A spokesman for BORN Ontario says that data would need to be drawn from COVaxON, the provincial COVID-19 vaccine data repository and cross-referenced with patient data.
しかし、専門家によると、そのような報告書は存在しません。そのような情報を簡単に得ることはできません。BORNオンタリオの広報担当者は、「そのような情報を得るには、まず州の新型コロナワクチンのデータ保管庫であるCOVaxONからデータを抽出し、さらにそのデータを患者データと相互参照する必要があるでしょう」と述べました。

Nagase had his medical license terminated for treating patients with ivermectin, an unapproved treatment for COVID-19 popular with anti-vaccine groups and once endorsed by former U.S. president Donald Trump. Ivermectin is used to treat livestock for parasites and has been the subject of warnings by Health Canada, which said “there is no evidence that ivermectin works to prevent or treat COVID-19.”
ナガセは、かつてドナルド・トランプ前米大統領が推奨した、反ワクチン団体に人気のある新型コロナ未承認治療薬・イベルメクチンを患者に投与したとして、医師免許を抹消されました。イベルメクチンは家畜の寄生虫治療に使用されており、カナダ保健省は「イベルメクチンが新型コロナの予防や治療に効果があるという証拠はない」と警告を発しています

Nagase is now a fixture at anti-vaccine rallies. In one video interview shared in a Telegram group, he is hailed as a “hero to all Canadians.”
ナガセは今や反ワクチン集会に欠かせない存在です。テレグラム・グループで共有されたある動画のインタビューでは、彼は「すべてのカナダ人にとってのヒーロー」と賞賛されています。

His claims have been frequently shared alongside a tweet posted on Nov. 21, from a woman who says her daughter experienced a stillbirth at eight-and-a-half months pregnant at Lions Gate Hospital. The woman said her daughter received the “poison vaccine.”
ナガセの主張は「娘がライオンズゲート病院で妊娠8カ月半で死産を経験した」という女性のツイート(2021年11月21日投稿)とともに拡散されています。この女性は「娘が毒物ワクチンを投与された」と述べています。

After being contacted by Global News, Vancouver Coastal Health released a statement on Twitter saying it is “aware of rumours and disinformation” circulating about the rise in stillbirths.
Global Newsから連絡を受けた(ライオンズゲート病院を管轄する)Vancouver Coastal Health(VCH)は、「死産の増加について噂や偽情報が出回っていることを認識している」と応え、ツイッターで声明を発表しました関連記事)。

Vancouver Coastal Healthのツイート

Vancouver Coastal Health (VCH) is aware of rumours and disinformation spreading on social media regarding stillbirths at Lions Gate Hospital (LGH) as a result of mothers having been vaccinated against COVID-19. Thread:
Vancouver Coastal Health (VCH) は、「母親が新型コロナワクチンを接種した結果、ライオンズゲート病院(LGH)で死産した」という噂や偽情報がSNSで広まっていることを承知しています。(続く)


Vancouver Coastal Health

“This type of disinformation adds unnecessary stress to expecting parents who have received a COVID-19 vaccine, on health-care staff who must reassure their patients, and on the health-care system, as resources are stretched further during the ongoing pandemic response,” the statement said.
VCHはツイートで「パンデミック禍において、このような偽情報はリソースをさらに消耗させ、新型コロナワクチンを接種した妊婦の親、患者を安心させなければならない医療スタッフ、そして医療制度に不要なストレスを与える」と述べています。

Other claims now circulating in social media groups state that higher stillbirth numbers are being reported in Toronto. The claim says that in one hospital there were five in one week.
現在SNSで拡散されている他のデマとしては、(オンタリオ州の州都である)トロントで死産数が増加しているという話があります。1つの病院で1週間に5件の死産があったという主張です。

This is also unlikely. According to BORN data, the entire province of Ontario has had between 42 and 56 stillbirths in total, per month, in the first half of this year. There are more than 40 hospitals in Toronto, so that’s around one stillbirth per hospital, per month.
これもあり得ない話です。BORNのデータによれば、オンタリオ州全体で、今年の上半期に、1ヶ月あたり合計42〜56件の死産がありました。トロントには40以上の病院があるので、1病院あたり1カ月に1件程度の死産ということになります

This conspiracy theory isn’t unique to Canada, though. An excerpt from a letter from a “retired doctor” in New Zealand is also doing the rounds on Telegram, claiming the stillbirth rates were rising in several rural parts of the country, relying on unverified information.
このような陰謀論は、カナダに限ったことではありません。ニュージーランドの「引退した医師」の手紙からの抜粋もTelegramで話題になっており、検証されていない情報を根拠にして、ニュージーランドのいくつかの地方で死産率が上昇しているというデマが流されています。

Fact check: COVID-19 vaccines are not causing a rise in stillbirths in Canada(2021/11/25)

その他の参考記事

Vancouver health authority shuts down online rumours about COVID vaccine and stillbirths

Vancouver health authority shuts down online rumours about COVID vaccine and stillbirths(2021/11/24)

False claims of stillbirths among vaccinated mothers at B.C. hospital slammed as harmful disinformation

False claims of stillbirths among vaccinated mothers at B.C. hospital slammed as harmful disinformation | CBC News(2021/11/24)

Vancouver hospital did not see a surge in stillbirths among women vaccinated for COVID-19

PolitiFact – Vancouver hospital did not see a surge in stillbirths among women vaccinated for COVID-19(2021/11/30)