デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「幼児が新型コロナワクチンを接種して重体になった」はデマ

デマの内容

次のような動画または画像を出して

デマッター

幼児が新型コロナワクチンを打たれて重体になった!ワクチン接種をやめろ!

と主張する人がいますが、デマです。

HORRIFIC: Baby Paralyzed By COVID

https://twitter.com/Gem_WifeOfRhye/status/1440367114657800204

赤ちゃんにコロナ・ワクチンを打たせないで下さい。お願いします ↓ ↓


https://twitter.com/irene941207/status/1440566571718438912

また、こんな真面目な正義の賢人と出会っちゃった…とほほほほーん。。で ルルドも、もちろん真実を知る者… #ワクチン接種状況 黙って立ち止まれる 理由なんであるわけなかろーが! #ワクチン接種 する奴は自殺or無差別殺戮兵器化!#コロナワクチン接種 させる奴は #虐待 ではなく #殺人者 #子供殺し


https://twitter.com/mahoro_SiStars/status/1440670838211039235

動画の内容

結論

この幼児が接種したのは三種混合ワクチンの DTaP です。新型コロナワクチンではありません

また、この幼児の健康被害がワクチンによるものかどうかは不明です。

DTaP とは

DTaP とは三種混合(Diphtheria[ジフテリア]、Tetanus[破傷風], Pertussis[百日咳])のワクチンのことで、DTP の改良型です。

DTP には細胞百日咳ワクチンが含まれているのに対して、DTaP には無細胞百日咳ワクチンが含まれています。DTaP の a は acellular(無細胞)を表します。

この幼児が住むアメリカ(ネブラスカ州)では、DTaP を生後2ヶ月、4ヶ月、6ヵ月、15〜18か月、4〜6年の5回接種することが推奨されています。

参考記事

解説

今はこのデマを信じてる人は少いが

2021年9月下旬、上記デマツイートのリプライを確認したところ、さすがにこのデマにだまされている人はあまりいないようでした。

なぜなら、動画に出ているような幼児への接種が認められている新型コロナワクチンは2021年9月現在、存在しないことを、ほとんどの人が知っているからです。

実は、2021年5月に、8カ月の幼児に対する臨床試験の接種が実際に行われていますが、このことを知っていた人も、この幼児がワクチンを接種したのは2021年1月だということに気付いており、騙されることは無かったようです(動画の最初の画面を見ると幼児にワクチン接種が行われた時期が分かります)。

12歳未満を対象としたワクチンの状況

2021年9月28日現在、12歳未満を対象とした新型コロナワクチンの状況は次のようになっています。

アメリカの製薬大手ファイザーとドイツの企業ビオンテックは、今は新型コロナウイルスワクチンの接種の対象になっていない5歳から11歳の子どもについても、ワクチン接種による中和抗体の増加や安全性が確認できたとして、この年齢層の子どもにも接種対象を拡大するよう、近く、アメリカのFDA=食品医薬品局に申請すると発表しました。
ファイザー 5〜11歳もワクチン接種対象に 近く申請へ(NHK NEWS WEB)(2021/9/21)

チリ公衆保健院(ISP)は9月6日、中国シノバック製の新型コロナウイルスワクチンの6~17歳への接種について国内緊急使用を承認した。
チリ、中国シノバック製新型コロナワクチンの接種対象年齢を6歳以上に拡大(チリ)(JETRO)(2021/9/8)

ファイザーは9月末までに5~11歳の子どもに対するワクチンの有効性に関するデータが得られると見込んでいる。
モデルナでは、12歳未満の子どもへの緊急使用許可を求めるのは、この冬または来年早々になるだろうと見込んでいる。
早ければ10月にも… アメリカでは秋以降、12歳未満の子どもに新型コロナのワクチン接種が可能に(BUSINESS INSIDER)(2021/8/5)

前述したように、臨床試験では、2021年5月に8カ月の赤ちゃんに接種が行われています。

ニューヨーク州に住む生後8カ月の男の子の赤ちゃんが、ファイザー社製のコロナワクチンを2回接種したとして、世界最小年に認定された
今回の接種は、ニューヨーク州立大学(SUNY)のアップステート医科大学が実施した臨床試験の一環
両親はともに医者であり、母親は「我が子が他の子供たちへ、ワクチンを接種する道を開いてくれたことにとても感激している。臨床試験に参加できてとても光栄である」と述べた
赤ちゃんは現在、熱などの異常はなく普段通りの食欲を維持し、体調に問題はない
世界最年少、生後8カ月でワクチン接種(DAILYSUN)(2021/5/26)

というわけで、今は騙されている人が少ないみたいで良いのですが、近い将来、幼児が接種できる新型コロナワクチンが承認された頃、再びこの動画が悪用される可能性もあるので、念のため記事に残しておこうと思います。

経緯

この動画のオリジナルは TikTok のユーザー Jordan Grim(@jordangrim21)によって公開されました。

元気だった幼児が、DTaP ワクチン接種後に健康被害を生じ(ただしワクチンとの因果関係は示されていません)、その治療のため、クラウドファンディングで募金をするという内容になっています。

以下は Jordan Grim の TikTok のページです。

上図内の水色のリンクをクリックすると、募金のページが表示されます。

Cash for Nash-Stem Cell Therapy
Nashのために寄付を-幹細胞治療

募金のページには、幼児が脊髄炎(脊椎の炎症と神経損傷)を発症したこと、肝細胞治療を計画していることが書かれています。

Nash was a healthy, happy baby. He was growing perfectly and hitting all of his milestones on time.
ナッシュは健康で幸せな赤ちゃんでした。成長も順調で、すべてのマイルストーンを予定通りに達成していました。

He had even recently had his 6 month well child check and everything was perfect.
最近では6カ月目の健康診断も受け、すべてが完璧でした。

On February 4th, their lives changed forever when Nash woke from a nap at daycare with purple lips and limp arms, struggling to breathe.
ところが2月4日、デイケアで昼寝をしていたNashが唇を紫色に染め、腕を引きずって呼吸困難に陥り、彼らの生活は一変しました。

He was intubated and life flighted to Children’s Hospital in Omaha, where he was diagnosed with a form of Myelitis (inflammation and nerve damage to his spine).
挿管されたナッシュは、(アラバマ州の)オマハの小児病院に救命搬送され、脊髄炎(脊椎の炎症と神経損傷)と診断されました。

The CDC has not officially confirmed if this is Transverse Myelitis or Accute Flaccid Myelitis.
CDCは、これが横断性脊髄炎なのか、急性弛緩性脊髄炎なのかを正式に確認していません。

コメント欄で DTaP ワクチンが原因と主張

当初、この動画のコメント欄には、「DTaP ワクチンが原因でこうなりました。新型コロナワクチンは関係ありません」という Jordan Grim による説明が表示されていました。

こちらはそのことを指摘しているツイートです。

三種混合ワクチンでふ。
https://twitter.com/poko01300130/status/1441273020589350914

See the TikTok account: @jordangrim21:His DTAP vaccine did this not the covid
https://twitter.com/G0dzGif7/status/1440220004574580736

コメント閉鎖

しかし、デマッターがこの動画を悪用・拡散し、様々な人からコメントが殺到したためだと思われますが、現在ではコメント欄が閉鎖されています。

DTaP ワクチンが原因かは不明

アメリカには全国ワクチン被害補償プログラムがあり、DTaP ワクチンもその補償対象です。従って、DTaP ワクチン接種によって健康被害が生じたと認定された場合には補償されるはずですが、Jordan Grim がクラウドファンディングで募金を募っているということは、幼児の健康被害がワクチンによるものとは認められていない可能性がありそうです。

その点について Jordan Grim は公に説明していないため、幼児の健康被害とワクチンとの関係は不明なままです。

続報-肝細胞治療を受けました

動画の幼児(Nash)が、募金によって(2021年10月1日頃に)肝細胞治療を受けたことが報告されています。


https://www.tiktok.com/@jordangrim21/video/7013458897516203269?is_from_webapp=v1

翌日、MNRIセラピーを受けるNash。


https://www.tiktok.com/@jordangrim21/video/7013499153984638214?is_from_webapp=v1

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments