デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「マスクに付着したウイルスが乾燥するとマスクを通過して感染する」は疑問

「ウイルスが乾燥して飛沫核になるとマスクの繊維の隙間5㎛よりも小さくなるからマスクを素通りする。マスクなんて意味がない」と主張する人がいます。

このような主張をする人は、マスクを下図のように考えているようです。

しかし実際のマスクはそんなに単純な構造をしていませんね。上図よりは下図のような構造に近いと思います。

もちろん全てのウイルスを防げるとは限りませんが、吸い込むウイルスの量を激減させることはできます。

吸い込むウイルス量を減らすことにより、感染しても軽症で済むだけでなく、免疫を獲得できるという研究結果もあります。

「マスクをしていれば感染してもごく軽症で済む上に免疫を獲得できる」
https://note.com/hoe2020/n/nef2d35d1c230

また、ウイルスが乾燥して飛沫核になると、多くの場合はその感染性を失うとも言われています。

「付着したウイルスはマスク表面で増殖し、乾燥するとマスクを透過し吸い込む」は間違い
https://note.com/osamu_iga/n/n065fbdf96394

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments