デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「新型コロナウイルスは変異が激しいからPCR検査で発見できない」はデマ

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は頻繁に変異しているように報道されています。

そのため「新型コロナウイルスは変異が激しいからPCR検査で発見できるわけがない。PCR検査の結果はいい加減だ!」と主張する人がいますが、それは誤解です。

新型コロナウイルスの変異速度はインフルエンザの半分

頻繁に変異している印象がある新型コロナウイルスですが、実はその変異のスピードは、インフルエンザウイルスの約1/2、AIDSウイルス(HIV)の約1/4程度だと言われています。

参考URL

インフルエンザのほうが2倍も変異の速度が速いわけですが、過去にインフルエンザの検査キットやワクチンの用意が間に合わなかったという話は聞いたことがありません。

ならばPCR検査が新型コロナウイルスにも対応できるのは不思議なことではないでしょう。

新型コロナウイルス特有の領域を検出している

PCR検査では新型コロナウイルスに特有な領域を検出しています。この領域は既登録187種類の新型コロナウイルスと100%一致し、それ以外のコロナウイルス2,116種類とは異なることが確認されています。この領域を他のウイルスと間違う確率は1/4の20乗、約1兆分の1(0.000000000001)です。

3 つのプライマー/プローブセットは、ORF1ab 遺伝子、N Protein 遺伝子、及び S Protein 遺伝子領域内を対象としている。これら 3 種の遺伝子領域は GISAID(Global Initiative on Sharing All Influenza Data、2020 年 3 月 5 日時点)で登録されている 187 種類の SARSCoV-2 のゲノミック RNA において 100%保存されており、一方、NCBI(National Center for Biotechnology nformation)に登録されている SARS-CoV-2 以外の 2116 種類のコロナウイルスとは相同性が低い領域のため、極めて特異的に SARS-CoV-2 を検出することが期待できる

「TaqPath 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) リアルタイム PCR 検出キット」説明書より
https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ivd/PDF/840863_30200EZX00023000_A_01_04.pdf

参考URL

大きな変異には試薬の変更で対応可能

ウイルスに大きな変異があってもPCR検査ではプライマーと呼ばれる試薬を変更することで対応が可能です。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments