デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「ワクチン接種により遺体のあらゆる臓器にスパイクタンパクが蓄積した」はデマ

デマの内容

デマッター

国際感染症ジャーナルが6月に発表したドイツの論文によると、

新型コロナワクチンを接種して亡くなった86歳の患者を検死したら、スパイクタンパク質が体のあらゆる臓器に蓄積していた!

ワクチンのせいだ! ワクチン危険! 接種をやめろ!

と主張する人がいますが、デマです。

COVID-19のワクチン接種を受けた患者の初めての死後研究では、ウイルスRNAが患者の体のすべての臓器で見つかったことが明らかになりました。つまり、ワクチンが無効であるか、コロナウイルスがワクチン接種を受けた人は実際には速く広がることを意味します。


メモ・独り言のblog-ワクチン接種死亡者の検死「抗体依存性増強」報告

以下は上記ブログが根拠とした英字記事です。

First Autopsy of COVID Vaccinated Patient Finds Every Organ of Body Infested with Spike Proteins
新型コロナワクチンを接種した患者を初めて解剖したところ、全身の臓器にスパイクタンパク質が付着していた

そのデマを拡散しているツイートの例。

ドイツの💉ワクチン接種後4週の死者検死、全ての臓器にスパイクタンパク質(赤い点々) 2週間で全身をスパイクタンパク質が巡り、こんなに蓄積されてる 恐しい


https://twitter.com/momo_style7momo/status/1405728028148174849

【#ワクチン #ワクチン危険】『ワクチン接種をした死者を初めて解剖した処、全身の臓器にスパイクタンパクが含まれていた事が判明』 ⇒ https://ameblo.jp/horehore-oo7/entry-12690232984.html… ドイツの研究者が、ワクチンを接種した遺体の死後調査を行いました。その結果、体のすべての臓器にスパイクタンパクが付着していました。


https://twitter.com/hitomineye/status/1442501731812732935

このデマには以下のようにいくつかのバリエーションがあるようです。

  • 新型コロナワクチン接種後の遺体のあらゆる臓器にワクチンで作られたスパイクタンパク質が蓄積してた
  • 新型コロナワクチン接種後の遺体のあらゆる臓器にウイルスRNAが蓄積していた。なぜなら、
    • 新型コロナに感染した人に対してワクチンが全く効かなかったから
    • 新型コロナに感染した人のウイルスをワクチンが爆発的に増殖させたから

解説

結論

デマです。

  • デマの根拠とされた論文の著者が「研究結果はワクチンの有効性を示すもの。SNSで拡散された話は完全なデマ」と述べています。
  • ワクチンによるスパイクタンパク質の生成は局所的・一過性のもので、無害です。
  • 遺体の臓器から見つかったのはウイルスですが、あらゆる臓器からではなく7つの臓器から見つかりました。
  • 患者はワクチン接種から24日以上後で新型コロナに感染したので、ワクチンがウイルスを増殖させたという主張は無理があり、証拠もありません。
  • ワクチンはウイルスの感染を必ず防ぐものではないので、遺体の臓器からウイルスが発見されても不思議ではありません。
  • 新型コロナに感染していた患者の死因は新型コロナとは関係ありません。ワクチンが新型コロナの発症を防いでいたと考えられます。
  • 根拠とされた論文は一人の患者のデータを示しているに過ぎません。一般的な結論を出すにはより多くの患者を対象とする必要があります。

デマの根拠になった論文

このデマの根拠となった論文がこちらです。論文自体はまともなものですが、デマッターがデタラメに曲解したデマを拡散しました。

First case of postmortem study in a patient vaccinated against SARS-CoV-2

AFPのファクトチェック

以下はAFPのファクトチェックからの抜粋です。

comme ses auteurs l’ont expliqué à l’AFP, les conclusions de l’étude ont été totalement travesties et ses observations plaident au contraire dans le sens d’une efficacité du vaccin.
論文の著者がAFPに説明したように、この研究の結論は完全に歪められており、論文の観察結果は、逆にワクチンが有効であることを主張しています

Ces conclusions “fondées sur notre exposé de cas sont totalement trompeuses et vont quasiment toutes complètement à l’encontre de nos suggestions”, a écrit le 18 juin le Pr Torsten Hansen, pathologiste allemand, auteur principal de la publication.
論文の主執筆者であるドイツの病理学者トルステン・ハンセン教授は、デマッターの主張について、「我々の症例報告を全く誤解させるものであり、我々の主張とほぼ完全に矛盾している」と6月18日に書いています。

De l’ARN viral dans “tous les organes” ? Non
「すべての臓器」にウイルスのRNAが存在する?違います

“Nous n’avons analysé que neuf organes”, a confirmé le Pr Hansen dans son mail, qui explique que le but de cette étude de cas était de voir quelle était la réponse immunitaire de l’organisme après une première dose de vaccin.
ハンセン教授はEメールで「分析したのは9つの臓器だけです」と回答し(※ウイルスが検出されたのは後述の通り7つ)、研究の目的は、初回のワクチン投与後の体の免疫反応を見ることだったと説明しています。

Qu’est-il arrivé au défunt ?
亡くなられた方について

Le résident d’une maison de retraite – souffrant de graves problèmes de santé et âgé de 86 ans – avait reçu une première dose de vaccin Pfizer/BioNTech à ARN messager le 9 janvier 2021.
重度の健康問題を抱える86歳の老人ホーム入居者は、2021年1月9日にファイザー/ビオンテック社製のmRNAワクチンの初回投与を受けていました

Il a été admis à l’hôpital 18 jours plus tard pour des diarrhées qui s’aggravaient. “Comme il ne présentait pas de signes cliniques de Covid-19, il n’a pas été isolé dans un lieu particulier”, est-il précisé dans l’étude. Il a alors été testé négatif au Sars-CoV-2.
その18日後に下痢が悪化して入院しました。「新型コロナの臨床症状を示さなかったため、特定の場所に隔離されたわけではない」と記載されています。その後、新型コロナの検査で陰性となりました。

Les examens ont révélé une “lésion ulcéreuse” à l’intestin à l’origine des diarrhées.
検査の結果、下痢の原因となる腸内の「潰瘍性病変」が発見されました。

L’état du patient s’est ensuite détérioré en raison d’une “insuffisance rénale”. A J24 (24 jours après le vaccin), son voisin de chambre a été testé positif au Sars-CoV-2.
その後、「腎不全」により患者の状態が悪化しました。ワクチン接種後24日目には、同居人が新型コロナの陽性反応を示しました。

Le lendemain, le patient de 86 ans a lui aussi été détecté positif, “vraisemblablement contaminé par son voisin de chambre”, selon les auteurs. Ses tests sérologiques ont révélé des anticorps dirigés contre la protéine S (“spike”) mais pas des anticorps contre la protéine N du virus.
翌日、86歳の患者にも陽性反応が出ましたが、「おそらく同室の人から感染したのだろう」と著者は述べています。血清学的検査では、ウイルスのスパイクタンパク質に対する抗体が検出されましたが、Nタンパク質(ヌクレオカプシドタンパクタンパク質)に対する抗体は検出されませんでした。

Comme le vaccin ne suscite que des anticorps anti-S, cette sérologie “montre que le patient avait déjà développé une immunité à travers la vaccination”, notent les chercheurs de l’étude.
ワクチンは抗スパイクタンパク抗体を誘発するだけなので、この血清学的結果は「患者がワクチン接種によってすでに免疫を獲得していたことを示している」と研究者は指摘しています。

L’état de ce patient s’est encore détérioré, avec de la fièvre, une gêne respiratoire et des crépitements dans les poumons. et malgré un traitement par oxygène et antibiotique, le “patient est décédé d’insuffisance respiratoire et rénale aiguë” à J26, note encore l’étude.
患者の容態はさらに悪化し、発熱、呼吸器系の不快感、肺のひび割れなどが見られました。 酸素や抗生物質による治療が行われましたが、ワクチン接種後26日目に「急性呼吸器・腎不全により死亡」したとのことです。

Qu’a révélé l’autopsie ?
解剖の結果は?

Le patient souffrait d’une “bronchopneumonie aiguë bilatérale” avec des abcès infectés par des bactéries. A aussi été découvert une lourde pathologie cardiaque (“cardiomyopathie ischémique”).
患者は、細菌に感染した膿瘍を伴う「両側性急性気管支肺炎」に罹患していました。また、重篤な心臓疾患(虚血性心筋症)も発見されました。

L’examen post-mortem a aussi révélé d’autres graves lésions dans les reins ou dans le cerveau.
また、死後の検査では、腎臓や脳にも深刻な病変が見つかりました。

En l’absence de lésions cliniques “caractéristiques” du Covid-19, (comme des lésions alvéolaires dans les poumons), l’autopsie a permis de conclure que le patient était “mort d’une bronchopneumonie” et “d’insuffisance rénale aiguë”.
新型コロナに「特徴的な」臨床病変(肺胞病変など)が見られなかったため、検死では「気管支肺炎」と「急性腎不全」で死亡したと結論づけられました。

“Notre patient, bien que positif au Sars-CoV-2, n’est pas mort du Covid-19. Nous pensons que la réponse immunitaire due au vaccin a été en mesure de prévenir le Covid-19”, explique le Pr Hansen.
「患者は、新型コロナが陽性であったものの、新型コロナが原因で死亡したわけではありません。ワクチンによる免疫反応が新型コロナを防いだのだと思われます。」とハンセン教授は説明しました。

Pour mieux connaître la propagation du virus à l’intérieur de l’organisme, les chercheurs ont analysé neuf organes à la recherche de traces de virus Sars-Cov-2 et, comme on l’a vu plus haut, en ont trouvé dans sept d’entre eux.
体内でのウイルスの広がりを知るために、9つの臓器を分析して新型コロナウイルスの痕跡を調べたところ、前述のように7つの臓器からウイルスが検出されました。

Cette découverte n’est pas surprenante car les scientifiques savent déjà qu’il est présent dans plusieurs endroits du corps puisqu’il entre dans nos cellules grâce à un récepteur appelé ACE2, qui lui-même est présent dans les cellules de nombreux organes.
(新型コロナウイルスは)ACE2と呼ばれる受容体を介して私たちの細胞に入りますが、ACE2自体が体内の多くの臓器の細胞に存在していることがすでに科学者によって明らかにされているので、この発見は驚くべきことではありません

Vaccin et immunité contre le Sars-CoV-2
新型コロナウイルスに対するワクチンと免疫力

Les publications examinées dans notre article affirment que “la présence de l’ARN viral dans tous les organes, malgré un vaccin, indique que (….) que le vaccin ne fonctionne pas du tout”. Comme on l’a vu, les auteurs de l’étude écrivent précisément l’inverse.
私たちが引用した(デマッターの)記事では、「ワクチンを接種したにもかかわらず、すべての臓器にウイルスRNAが存在するということは(中略)ワクチンがまったく機能していないことを示している」と述べられています。しかし、前述のように、この研究の著者はまさにその反対のことを書いています。

Comme notre patient de 86 ans, on peut donc théoriquement être vacciné tout en étant porteur du Sars-CoV-2. La présence de virus dans ses organes ne montre donc PAS que le vaccin serait inefficace. Comme on l’a vu, le Pr Hansen indique même que le vaccin a pu permettre au patient de ne pas développer de symptômes du Covid.
この86歳の患者のように、理論的にはワクチンを接種していてもウイルスのキャリアになる可能性はあります。しかし臓器にウイルスがあったとしても、ワクチンが効かなかったわけではありません。前述のように、ハンセン教授は、ワクチンによって患者が新型コロナの発症を防ぐことができたと述べています。

D’autres facteurs ont aussi pu influer sur l’immunité conférée par le vaccin à ce patient en particulier : il n’avait reçu qu’une seule dose (alors que la protection maximale est induite après la deuxième) et il était âgé et atteint de nombreuses pathologies, ce qui a tendance à affaiblir la réponse immunitaire induite par le vaccin.
また、この患者はワクチンを1回しか接種しておらず(2回目の接種で最大の防御が得られます)、高齢で多くの疾患を抱えていたため、ワクチンによる免疫反応が弱くなっていたことも影響していると考えられます。

Quant à l’affirmation selon laquelle la présence d’ARN viral montrerait que le vaccin pourrait accélérer la propagation du virus, rien dans l’étude allemande – ni dans les campagnes de vaccination actuellement en cours dans le monde- ne vient l’étayer.
(体内に)ウイルスのRNAが存在していた場合に、ワクチンがウイルスの拡散を促進する可能性があるという(デマッターの)主張については、ドイツの研究にも、現在世界中で行われているワクチン接種の実施においても、それを裏付ける証拠はありません。

Confusions autour de la protéine S (“spike”)
スパイクタンパク質に関する誤解

Certaines publications citées au début de cet article font en outre la confusion entre les protéines “spike” du virus et l’ARN messager pour tenter de montrer que le vaccin fait produire de “dangereuses” protéines S dans tout le corps.
冒頭で引用した(デマッターの)記事の中には、ウイルスのスパイクタンパク質とmRNAを混同し、ワクチンが危険なスパイクタンパク質を全身に生成すると主張しているものがあります。

La protéine “spike” produite suite au vaccin n’est pas le virus, elle est inoffensive. C’est le virus Sars-CoV-2 qui est dangereux.
ワクチンで作られたスパイクタンパク質はウイルスではないので無害です。危険なのは新型コロナウイルスです。

La production de “spike” par le vaccin est localisée et transitoire.
ワクチンによるスパイクタンパク質の生成は局所的で一過性のものです。

“Le vaccin à ARN messager est injecté localement dans le muscle et l’expression de la protéine de pointe sera limitée aux cellules initialement visées pour déclencher la réponse immunitaire. L’ARN messager est instable et va être dégradé rapidement”, avait le 11 mai dernier indiqué Daniel Dunia, directeur de recherche au CNRS dans cet article.
「メッセンジャーRNAワクチンを筋肉内に局所的に注射することで、スパイクタンパク質の発現は、最初に免疫反応を引き起こす標的となる細胞に限定されます。メッセンジャーRNAは不安定なので、急速に分解されてしまうでしょう」と、CNRSの研究部長であるダニエル・デュニア氏は5月11日の本記事で述べています。

“C’est un ‘case report’, ce qui signifie que nous ne présentons des données intéressantes que pour un seul patient. Sans le moindre doute, davantage de recherches, portant sur de plus grosses cohortes de patients vaccinés, sont nécessaires (…) pour en tirer des conclusions générales. En conséquence, nos résultats doivent être interprétés avec prudence”
「これは症例報告であり、一人の患者の興味深いデータを提示しているに過ぎません一般的な結論を出すためには、より多くのワクチン接種患者を対象とした研究が必要であることは間違いありません(中略)。したがって、今回の結果は慎重に解釈すべきである」

AFPファクトチェックより抜粋

その他の参考記事

「ワクチン接種後に死亡した患者の全ての臓器からウィルスのRNAが見つかった」はデマ。(伊賀治氏)

「ワクチン接種後に死亡した患者の全ての臓器からウィルスのRNAが見つかった」はデマ。Hal Turner Radio Showが国際感染症学会の論文を「ワクチンが感染を引き起こし死亡」と紹介したもの。論文を読めば、感染は院内感染、死因は腎不全、呼吸不全だとわかる。
「ワクチン接種後に死亡した患者の全ての臓器からウィルスのRNAが見つかった」はデマ。(伊賀治)

Knack のファクトチェック

Factcheck: nee, autopsie toont geen verspreiding van spike-eiwitten in alle organen(knack)

 

 

 

 

検索キーワード:検視 検死 剖検 解剖 科学報告書

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments