デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「ビオンテック社CEOウール・シャヒンはワクチンを接種してない」はデマ

デマの内容

次のような記事や動画を出して

デマッター

バイオンテック社(ビオンテック社)CEOのウール・シャヒン氏が新型コロナワクチンを打ってないと認めた!

ワクチンが有害だからだ!

ワクチン危険! ワクチンやめろ!

と主張する人がいますが、デマです。

スコットランドの情報は君に見せたものだけだから、君がいかようにも評価すればいいよ。 ところで君、バイオンテックCEOは、臨床試験に参加できないから、自社「ワクチン」未接種だけど、意見は無いのかね? 自社製「ワクチン」は、「臨床試験中」だと製造元が言ってるけど?


https://twitter.com/mezameworld/status/1469529427583565824

対象時期でないなら、「後日打つ」と言えばよいだけ。 ところが「毒チン」製造業者のバイオンテックCEOのシャヒン氏は、法律上「臨床試験(clinical trails)」への参加が禁じられており、打たないと公言。 製造に集中する必要があり、ワクチン接種は優先順位が低いってさ。ww


https://twitter.com/mezameworld/status/1469582359607783427

ファイザーCEOの発言は、 「自分は59歳で健康なので急ぐ必要なし。横入りするような真似はしない」 彼は「時期が来れば打つ」と言ってるから、僕らの使うネタとしては弱いわな。ww しかしバイオンのCEOは違う。「法律上」、「臨床試験」に参加できないと言っている。ww 簡単だから聞いてみな。
https://twitter.com/mezameworld/status/1469600549406638081

解説

デマです。

バイオンテック社CEOのウール・シャヒン(Ugur Sahin)は、新型コロナワクチンの3回目の接種となるブースターショットまで受けています。

以下はロイターのファクトチェック記事からの抜粋です。

The CEO of BioNTech, the biotechnology company that worked with Pfizer to develop one of the COVID-19 vaccines, has been fully inoculated against the virus. He received two doses of his firm’s product and has since been given a booster jab.
新型コロナワクチンの1つをファイザー社と共同で開発したビオンテック社のCEOは、このウイルスに対するワクチンを完全に接種しています。彼は自社製品を2回接種し、その後、ブースタ接種を受けました。

the footage used is from Dec. 22, 2020.
使用されている映像は、2020年12月22日のものです。


https://youtu.be/TOT8ElNBbo4

It took place prior to vaccine rollouts in Germany (here), and was therefore prior to Sahin being legally eligible for the jab, which he explained in the video. He makes no mention of not taking it “for safety reasons”.
つまり、ドイツでワクチン接種が開始される前に撮影された動画ですから、このときのシャヒンにはワクチン接種を受けるための法的な資格がありませんでした。動画の中でシャヒンはその説明をしていますが、「安全上の理由」で摂取しないとは述べていません。

臨床試験に参加できない理由

ブログ主による注です。

シャヒンが臨床試験に参加できない理由については、動画の7:56あたりで「法律上、ワクチン開発会社の従業員は参加できない」と述べています。

The professor has since been fully vaccinated – and has also received his booster shot – and so any posts claiming otherwise are false.
その後、シャヒンは2回のワクチン接種を受けており、ブースターショットも受けました。従ってシャヒンが新型コロナワクチンを接種してないという主張は誤りです。

A spokesperson for BioNTech told Reuters via email: “Ugur Sahin received his first vaccinations early in 2021 and the booster a couple of weeks ago. The text they (the social media posts) are referring to was a statement made in Dec. 2020 – it is completely outdated.”
ビオンテック社の広報担当者は、ロイター社にメールで次のように述べました。「ウール・シャヒンは、2021年の初めに最初のワクチン接種を受け、2週間前にブースター接種を受けました。SNSの記事が引用している動画は2020年12月のもので、古いものです。」

The spokesperson also confirmed that he was given the Pfizer/BioNTech vaccine.
広報担当者は、シャヒンが接種したのはファイザー社/ビオンテック社のワクチンであることを付け加えました。

Likewise, the professor and his wife, who was also behind the launch of the product, told the Times in a Sep. 14. interview (here) that they got vaccinated at the end of January as “part of our campaign to immunise all our employees, to ensure that we did not have infections that would slow the pace of our work,” adding that they experienced “no side effects”.
また、シャヒン、そして新型コロナワクチンの開発を陰から支えた彼の妻は、9月14日のTimes紙のインタビューで次のように述べました:「感染して仕事に影響が出たりしないよう、全社員に予防接種を奨励する運動の一環として、私たちは1月末にワクチンを接種しました。副反応はありませんでした」

Fact Check-BioNTech CEO Ugur Sahin has been vaccinated against COVID-19

 

 

 

 

検索キーワード:ビオンテック バイオンテック BioNTech Uğur Şahin ウール・サヒン ビヨンテック