デマと知りながらデマを垂れ流している悪質かつ不審人物が多数います。騙されないように気をつけてください。

「ウイルスは感染拡大するほど弱毒化するから対策不要」はデマ

デマの内容

デマッター

ウイルスは宿主を殺してしまうと生き残れないから放っておけば弱毒化する!

ウイルスは宿主を動けないくらい重症化させると感染拡大できないから放っておけば弱毒化する!

つまり余計な感染対策はしないで良い! ワクチンなんていらない!

と主張する人がいますが、デマです。

解説

ウイルスが必ずしも弱毒化していくとは限りません。

ウイルスは変異によって弱毒化もするし、強毒化もする。 ただ、一般的には弱毒株の方が感染者が動き回れるので広がりやすく、 強毒株を駆逐することが多い。 けれど、発症前からウイルスがばら撒かれるSARS-Cov2にはそれは当てはまらない。 これがファイナルアンサーです。
知念実希人 小説家・医師

データから強毒化しているのは明らかですね。 特にアルファ株の強毒化は世界中の保健機関に認定されました。 発症前から大量のウイルスを排出するという最悪の特性を持っている新型コロナウイルスが、 弱毒化するなんて希望的観測をいまだに言っている専門家は皆無です。
知念実希人 小説家・医師

「from:mikito_777 弱毒化」(知念実希人 弱毒化)でツイートを検索

「ウイルスは自滅を避けるため変異を重ねると弱毒化する」みたいな目的論的/Teleonomicな見方は大間違いで、変異はランダムに起こるんだけど、かなり知的な人でもそうした目的論的な物言いをしているのを散見する。 世界を目的論的に理解したいというのは人間の根深い欲求なのであろう。
カエル先生・高橋宏和

「宿主を絶滅させるとウイルス自体も自滅するから、自滅を避けるためウイルスは弱毒化する」なんてのがウソなのは、天然痘が数年間でインカ帝国の60〜94%の国民を殺したことを知ってればわかります。 ランダムな変異でコロナが人類絶命させる可能性だって未だにあるわけで
https://twitter.com/hirokatz/status/1466390832634679298

インカ帝国

なぜヨーロッパ人が世界制覇できたのかといえば、家畜と暮らすことで病原菌に強い個体だけが「たまたま」生き残り、そうした個体がアメリカ大陸に病原菌を持ち込んでインカ帝国とかを滅亡させたのも一因だよね、というのがジャレド・ダイヤモンド『銃・病原菌・鉄』の中にありますね。

上記の先生方の解説に加えて、昔と違って現代では、便利な交通機関によって(昔よりも)圧倒的に多くの人々が過密都市へ容易に素早く移動することが可能となっているため、強毒のウイルスでも感染拡大しやすい状況にあると思われます。

WHOライアン博士

WHOライアン博士はウイルスは感染力が強くなる方向に進化する傾向があるが、感染力が強くなると症状が軽くなるというのは都市伝説と指摘 仮に軽症化しても、感染者増加は医療逼迫、無治療での重症化、変異助長のリスクに Omicron More Transmissible, Not Necessarily Milder
https://twitter.com/carpe_diem0820/status/1469086445747208192

WHO: Omicron More Transmissible, Not Necessarily Milder(2021/12/8)

むしろ強毒化の可能性?

SARS-CoV-2やA型インフルエンザのような免疫やワクチンからの逃避を繰り返す病原体ではより強毒化する方向に進化する傾向があるという研究。 数理モデルによる研究で、免疫により排除される前に宿主を使い潰してでも数を増やすものが有利になるため、このような傾向があると。


【プレスリリース】免疫やワクチンからの逃避を繰り返す病原体は高い病原性を進化させる | 国立大学法人 総合研究大学院大学

Sukuna

あくまで傾向という話ではあるが…。 実際にインフルエンザが年々強毒化しているかというと疑問符が付くしなぁ…。 どうなんだろうか。